外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京女子医大病院の集中治療室(ICU)で過去5年間に鎮静剤プロポフォールを投与された子ども12人が死亡していた問題で、同病院の外部評価委員会は17日までに、数人について「投与が死期に影響した可能性を否定できない」とする報告書をまとめた。心臓病などで症状が重く、投与がなくても死亡した可能性が高いが、投与で容体が悪化した可能性を否定できないとしている。

共同通信