外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 巨大地震の際、震源から離れた高層ビルなどを大きく揺らす「長周期地震動」の防災情報発表を目指す気象庁は12日、地震動の強さを4段階で示す「解説表」の素案を防災専門家らの検討会に示した。同庁は2012年度末を目標に、防災情報の運用を始める計画。東日本大震災で東京湾岸の100~150メートル級のビル上層階で起きた揺れが、階級4(震度6強以上相当)に相当する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信