外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【アスタナ共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦最終日は1日、カザフスタンのアスタナで行われ、男子500メートルで長島圭一郎(日本電産サンキョー)が34秒69で今季2勝目を挙げてソチ冬季五輪代表入りをほぼ確実にした。通算13勝目。加藤条治は34秒97で4位、羽賀亮平(ともに日本電産サンキョー)は12位、及川佑(大和ハウス)は13位だった。

共同通信