外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ストーカー行為をした相手の女性の母と祖母を殺害したとして、殺人罪などに問われた筒井郷太被告(28)の長崎地裁(重富朗裁判長)の裁判員裁判で、検察側は3日「ストーカー行為の相手や家族を殺す事件が後を絶たない。命をもって償うことで世の中に断固としたメッセージを送るべきだ」として死刑を求刑した。被告は最終意見陳述で「僕は殺人などをしていません。先入観や思い込みを持たないでほしい」と無実を訴え結審した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信