外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原爆投下から71年を迎えた長崎市では9日夜も、市民らが鎮魂と平和の祈りをささげた。爆風と熱線を浴びた人々が水を求めた浦上川では、約1200個の灯籠を流した。爆心地近くでは、頭部だけが焼け残った「被爆マリア像」と練り歩く「たいまつ行列」も実施した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信