外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 長崎は9日、被爆から71年の「原爆の日」を迎え、長崎市松山町の平和公園で「原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が営まれた。田上富久市長は平和宣言で、核廃絶に向け国際社会に対し「人類の未来を壊さぬため、持てる限りの英知結集を」と求めた。オバマ米大統領の広島訪問を「自分の心で感じる大切さを世界に示した」と評価。広島の平和宣言と同様、各国指導者に被爆地を訪れるよう呼び掛けた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信