外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は28日、国営諫早湾干拓事業(長崎県)の開門調査に備えた農漁業の被害防止事業を、総額200億円台とする方向で最終調整に入った。民主党政権時には当初、干拓農地の水源確保事業だけで349億円かかると想定されていたが、設備を簡素化してコストを圧縮する。2013年度予算案に一部を盛り込み、残りは14年度に計上する。林芳正農相は中村法道長崎県知事と2月上旬にも会談し事業内容を説明する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信