外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀の黒田東彦総裁は22日、金融政策決定会合後に記者会見し、最近の長期金利の上昇が「実体経済に大きな影響を及ぼすとはみていない」と述べ、現時点では景気への悪影響は少ないとの見解を示した。日銀は国債市場を安定させるため、国債の買い入れペースや対象を見直し、弾力的に資金供給していく方針を明確にした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信