外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 22日の国債市場は、長期金利の指標である新発10年債の利回りが一時1・045%と、03年以来の低さとなった。世界経済の先行き不透明感から、国債など安全な資産に資金が向かった。長期金利の低下で住宅ローン金利の低下などが期待できる一方、年金の運用利回り低下といった影響もありそう。同日の東京株式市場は、為替の円高傾向を嫌気して、平均株価は5営業日続落、終値は前日比57円95銭安の9220円88銭。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信