外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 20日の国債市場は、日銀の金融緩和策を背景に長期金利の低下が進み、史上初の0・1%台を記録した。指標となる新発10年債の利回りは一時0・195%となり、取引時間中の過去最低を更新した。低金利の生活への好影響が出尽くし気味となる一方、長期に安定的な運用が求められる年金や生命保険への悪影響が懸念される。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信