外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】長野県松本市で2003年に貸金業の男性が殺害され現金が奪われた事件で、日本政府の代理処罰(国外犯処罰規定による訴追)要請を受け、ブラジルで強盗殺人罪で起訴されたジュリアノエンリケ・ソノダ被告(37)に対し、サンパウロ州裁判所は25日までに禁錮30年の判決を言い渡した。控訴が可能。

共同通信