外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 長野県軽井沢町で昨年1月、乗客ら15人が死亡したスキーバス事故で、死亡した運転手=当時(65)=が、運転の傾向や注意点などを見る「適性診断」を以前の勤務先で受けた際に「突発的な出来事への対処を間違いやすい傾向がある」として、特に注意が必要だと指摘されていたことが5日、事業用自動車事故調査委員会の調査で分かった。運行したバス会社は診断内容を把握しておらず、教育・訓練も不十分なまま運転させていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信