外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 長野県北部で最大震度6弱を記録した22日夜の地震による負傷者は、長野市や白馬村など県内で計41人に上り、うち7人が重傷だったことが23日、県警のまとめで分かった。住宅54棟が全半壊したほか土砂崩れもあり、県は白馬村のほか小谷村、小川村に災害救助法を適用。余震も続いており、気象庁は警戒を呼び掛けた。

共同通信