外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】稼働が中断していた韓国と北朝鮮の経済協力事業、開城工業団地に進出する韓国企業関係者らが16日、北朝鮮南西部にある同団地を訪れ、工場の試運転を始めるなどして稼働を再開した。再開は北朝鮮が米韓合同軍事演習などに反発して4月上旬に労働者を全員撤収させて以来、約5カ月ぶり。南北協力の象徴である同事業が正常化することで、南北の関係改善に向けた機運が一段と高まりそうだ。

共同通信