外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国と北朝鮮は6日、南北軍事境界線上にある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で、稼働が中断している南北経済協力事業、開城工業団地の正常化問題などを話し合う当局者実務協議を開いた。4月上旬から止まっている開城団地の稼働再開に向けた道筋をつけられるかどうかが焦点。協議では正常化問題のほか、団地内の設備点検や、現地に進出する韓国企業が残してきた製品や原材料の搬出などについて話し合う。

共同通信