ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

関東から九州、早い梅雨入り

 九州から関東甲信にかけての各地が27~29日、梅雨入りした。平年より4~11日早く、関東甲信は統計史上3位タイの早さ。気象庁は、太平洋西部熱帯域などの高い海面水温が上空の偏西風を北に動かしたのが一因とみている。最新の予報によると、向こう1カ月の降水量は東日本(関東甲信、北陸、東海)と西日本(近畿、中四国、九州)で平年より多い傾向。梅雨期間中は集中豪雨による災害の恐れもあり、注意が必要だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。