外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は10日、関東や東北では11日にかけても、湿った空気が入って大気が不安定になり、大雨が続く恐れがあると発表した。特別警報が出た栃木、茨城両県のほか、福島県でも50年に1度の記録的大雨が降った場所があり、依然として新たな土砂災害や河川の氾濫、浸水などに最大級の警戒が必要だ。

共同通信