外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 水不足が深刻な関東甲信地方で、28日に梅雨が明けた。今年は平年より期間が長かったが、ダムがある地域でまとまった雨が降らず、問題が解消されないまま本格的な夏を迎えることになる。首都圏の水がめと呼ばれる利根川水系では10%の取水制限を実施。このまま雨が少なければ取水制限がさらに引き上げられ、日常生活に影響する懸念も出ている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信