外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 台風21号で浸水などの被害を受けた関西空港を運営する関西エアポートの山谷佳之社長は8日の記者会見で、関空の全面的な運航再開までの暫定措置として、大阪(伊丹)空港に1日当たり40便、神戸空港に30便の計70便の振り分けが可能とみて、検討を進めていることを明らかにした。同社幹部によると、関空の1日平均の旅客発着は約500便という。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信