外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大相撲の元大関の西関脇把瑠都(28)=本名カイド・ホーベルソン、エストニア出身、尾上部屋=が夏場所8日目の19日、日本相撲協会に「左膝前十字靱帯、半月板損傷により、以後の取組は休場を要する」との診断書を提出して休場した。把瑠都の休場は昨年の九州場所以来で8度目。8日目の対戦相手、妙義龍は不戦勝。7日目の稀勢の里戦で古傷の左膝を痛めた。3勝4敗で、休場により負け越せば、三役から落ちることになる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信