外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 乗客7人が死亡、38人が重軽傷を負った関越自動車道の高速ツアーバス事故から1年となる29日未明、犠牲者の遺族が群馬県藤岡市の現場を訪れ、事故発生時間とされる午前4時40分に手を合わせて黙とう、亡き家族の冥福を祈った。まだ夜が明けない午前4時前、遺族らはバスが衝突した防音壁の外側ののり面下に集まった。時折冷たい風が吹き抜ける中、近くにある観音寺の僧侶の読経に合わせ、小さな祭壇に花や線香を供えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信