外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 関西電力は20日、2014年4月をめどに首都圏で電力の小売り事業に参入すると発表した。自家発電を持つ企業や卸電力市場から電力を調達し、企業や自治体などに販売する。首都圏での電力販売を表明したのは、大手電力では中部電力に続き2例目。地域ごとに市場を独占する大手電力会社が、供給区域以外に電力販売に踏み切るのは異例。市場規模が大きく、需要の伸びが期待できる東京電力の管内で顧客を獲得し、収益基盤拡大を目指す。

共同通信