外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 関西電力(大阪市)に対して、みずほコーポレート銀行と三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行の大手3行と日本政策投資銀行の主力取引銀行が計約3千億円を新規融資する方向で最終調整に入ったことが12日、分かった。関電はすでに電気料金の値上げを盛り込んだ事業計画を主力行に提出。主力行は計画を大筋で妥当と判断しており、月末までに新規融資を最終決定する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信