外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 関西、九州両電力が申請した家庭向け電気料金値上げで、茂木敏充経済産業相は27日、関電が申請した平均11・88%の値上げ幅を9・7%台半ば、九電の平均8・51%を6・2%台前半にそれぞれ圧縮すると発表した。27日の森雅子消費者行政担当相との協議で合意。関電、九電が値上げの原価に含めた人件費や燃料費を削減し値上げ幅を小さくした。利用者への周知期間を確保するため、両社の値上げ実施は5月1日とする方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信