外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 配電設備を操作し、一般家庭など約130軒に停電を発生させたとして、大阪府警浪速署は18日、業務妨害の疑いで、関西電力難波営業所の男性社員(37)を書類送検した。浪速署によると、男性社員は容疑を認めており「仕事が忙しいことに不満があり、事故(停電)が起きれば人を増やしてくれると思った」と供述。同署は起訴を求める「厳重処分」の意見を付けた。男性社員は設備の点検を担当。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信