外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 関西電力が企業向け電気料金の値上げをした4月以降、関電との契約を打ち切った企業や自治体などの離脱件数が10月1日時点で2036件に達し、2010年度の1623件を上回り過去最多となったことが10日、分かった。9月1日時点では1523件だった。自ら発電するなどして安く電力を供給する特定規模電気事業者(新電力)への契約切り替えが進んでいるとみられる。

共同通信