外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は1日、定期検査などに伴う原発停止の長期化に備えた会議などを開き、今冬以降の電力需給対策を決定した。12月19日から関西電力管内の家庭や企業にピーク需要を前年比10%以上、九州電力管内は5%以上抑える節電を要請。需給逼迫が予想される東北電力などほかの地域では数値目標を見送るものの、広く節電を呼び掛ける。来夏は原発が再稼働せず昨夏並みの猛暑の場合、全国でピーク時に9・2%の電力不足を予想。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信