外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 関西電力で来年2月、最大電力需要に対する余力を示す供給予備率がマイナス9・5%になるとの政府予測が31日、明らかになった。定期検査中の原発再稼働が遅れているためで、九州電力も同様に来年1月、2・2%不足となる。関電管内の家庭や企業に前年比10%以上、九電には5%以上の節電を政府が要請する。政府は11月1日の「エネルギー・環境会議」で電力不足対策を決定する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信