外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 茂木敏充経済産業相は2日、関西電力と九州電力が申請していた家庭向け電気料金の値上げを認可した。認可した値上げ幅は関電が平均9・75%、九電は6・23%。経産相は燃料費などを削減できるとして、申請した値上げ幅を抑えるよう両社に指示していた。両社にとってはいずれも33年ぶりの抜本的な値上げとなる。両社とも1日の家庭向け値上げを計画していたが、政府の審査に時間がかかったため5月1日の実施となる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信