ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

関電、九電に消費者委が削減要求

 関西電力、九州電力の電気料金値上げで、内閣府の消費者委員会の調査会が取りまとめる意見書の案が16日、分かった。健康保険料の企業負担割合を東京電力と同様に法定の50%を目指して引き下げを要求。資材調達費や工事費を抑えるため、両電力が「3年後に30%」へ高めるとした競争入札比率を東電が表明した「5年後に60%」へ近づけるよう促した。調査会は18日の会合でこの意見書案を提示し議論する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。