外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 関西電力は26日、定期検査で停止中の原発が再稼働する場合に必要な「安全評価」について、大飯原発3号機(福井県おおい町、118万キロワット)の1次評価結果を28日にも経済産業省原子力安全・保安院に提出する方針を固めた。東京電力福島第1原発事故後、原発の安全性への疑問が強まり、定期検査入りするなどして停止した原発は1基も再稼働していない。再稼働に向けた安全評価提出は初。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信