外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 関西電力の八木誠社長は26日、運転開始から約40年経過した高浜原発1、2号機(福井県)の運転期間延長を目指し、認可申請に必要な「特別点検」を実施すると正式表明した。特別点検の実施は初めて。12月上旬に着手し、3~4カ月かけて原子炉の劣化状況などを調べる。

共同通信