外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国大統領府の許泰烈秘書室長は30日、朴槿恵大統領が指名した閣僚候補らが不祥事などで相次いで辞退したことをめぐり、「国民の皆さまに心配をかけ、非常に申し訳なく思う」とする謝罪文を発表した。大統領府報道官が明らかにした。朴政権では、首相候補に指名された元裁判官や国防相候補が投機疑惑などで辞退。就任したばかりの法務次官が「性接待」を受けた疑惑で辞任するなど、政府高官候補ら6人が相次いで“落馬”。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信