外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 「闇サイト」と呼ばれるインターネット上のサイトで、クレジットカードの番号や利用者名など計約1500万枚分の情報が販売されていたことが29日、米パソコン大手デルの調査で分かった。偽造された運転免許証や旅券の販売も確認され、デルは、犯罪者がサイバー攻撃で不正に入手した情報とみて、セキュリティー対策や情報管理の徹底を呼び掛けている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信