外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 「僕は朝6時のNHKのテレビニュースで見た。それが最初。それまでは一切官邸に連絡はなかった」。95年の阪神大震災発生時に首相だった村山富市氏が出版された回顧インタビューで政権舞台裏を明かした。94年に社会党委員長として自民、さきがけ両党に推された村山氏は、衆院本会議で首相に選出されるまで「受けると言わなかった」。しかし「それなりの歴史的役割が課せられているかもしれない。腹を決めた」と述懐。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信