外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ21年目の今季限りで引退する阪神の金本知憲外野手(44)が9日、甲子園球場で引退試合として行われたDeNA最終戦にフル出場し、4打数1安打だった。全盛期の定位置だった「4番・左翼」での出場。六回に三浦大輔投手から中前打を放つと、すかさず二盗を決めた。七回2死一、三塁では捕飛に倒れ、あと1だった長嶋茂雄の通算1522打点には届かなかった。守備では最後の打者の左飛を処理し、阪神の勝利に貢献した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信