外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題で、沖縄防衛局が環境影響評価(アセスメント)対象期間後に、埋め立て予定の海岸で絶滅危惧種のウミガメの産卵を確認していたことが6日、共同通信の情報公開請求で分かった。防衛局がアセス期間後に、ウミガメ上陸を確認したのは分かっていたが、産卵を確認していたと判明したのは初めて。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信