外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民、公明両党は2日、田中聡前沖縄防衛局長の不適切発言を受け、一川保夫防衛相に対する問責決議案を参院に提出する方針を確認した。ほかの野党各党も同調する見通しで、決議案は可決の公算が大きい。政府は田中氏の懲戒処分に加え、一川氏の給与返納を含め監督責任のある防衛省幹部の一斉処分に踏み切る方針だが、野田佳彦首相は問責対応で厳しい判断を迫られそうだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信