外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 小野寺五典防衛相は10日の衆院安全保障委員会で、北朝鮮による米領グアム周辺への弾道ミサイル発射計画を巡り、安全保障関連法に基づき、集団的自衛権が行使可能な存立危機事態の認定もあり得ると言及した。認定した場合は海上自衛隊のイージス艦搭載の迎撃ミサイルによる対応を想定。ただ事態認定のハードルは高く、自衛隊と米軍の役割分担からも実現性は低いとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

共同通信