ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

防衛相、照射データ開示を検討

 小野寺五典防衛相は9日午前、中国が海上自衛隊護衛艦への射撃管制用レーダー照射を全面否定したことを受け、日本政府として証拠データの開示を検討する方針を表明した。読売テレビ番組などで「どこまで表に出していいのかを、政府部内で検討している」と述べた。また、照射の際の写真、映像記録があるとして「証拠として確信できる内容だ」と強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。