外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 防衛省は、米軍新型輸送機オスプレイを2015年度から自衛隊に導入する方向で検討に入った。政府関係者が20日、明らかにした。14年度予算の概算要求では調査費約1億円を計上する。沖縄県・尖閣諸島周辺での中国の海洋活動活発化をにらみ、海兵隊機能を強化する構えだ。開発段階で事故が相次いだため安全性への懸念は根強く、導入に国民の理解を得る努力が求められそうだ。

共同通信