外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 防衛装備品をめぐる三菱電機の水増し請求問題で、発注側の防衛省が、水増し額と違約金を合わせて数百億円の返還を同社に求める方針であることが20日、関係者への取材で分かった。1社の返還額としては過去最大級になるとみられる。三菱電機の水増しは遅くとも1970年ごろから始まったことが会計検査院の調査で既に明らかになっており、歴代経営陣の責任が問われるのは必至だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信