外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 JR西日本の大阪環状線などの電車約20両で4月末、緊急時に対向車線や周辺を走行する電車に停止信号を送る「防護無線」の予備電源のヒューズが何者かに抜き取られていたことが15日、同社や捜査関係者への取材で分かった。脱線事故や災害の発生で停電した場合、予備電源が作動しないと防護無線を発することができず、対向する車両が巻き込まれるなど二次災害につながる恐れがあった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信