外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長に対するリコールの是非を問う住民投票が15日、告示された。投開票は12月5日。有効投票総数の過半数の賛成で竹原市長は失職し、50日以内に出直し市長選が行われる。議会を開かずに職員のボーナス半減や副市長の選任などの専決処分を繰り返した竹原市長の強引な市政運営が主な争点。「阿久根市長リコール委員会」の川原委員長は「必ず解職を勝ち取る」と語った。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信