外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は14日、阿蘇山・中岳第1火口(熊本県)の噴火は、地中のマグマに触れた地下水などが水蒸気になって爆発する「マグマ水蒸気噴火」の可能性が高いと発表した。降灰は火口から約60キロ離れた福岡県筑後市や約50キロ先の熊本県玉名市、約40キロ先の熊本市西区でも確認された。

共同通信