外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 製薬会社ノバルティスファーマの降圧剤ディオバン(一般名バルサルタン)を使って滋賀医大が実施した臨床研究について、発表された論文に使われた患者データとカルテに記載されていた元の数値が一致しない部分があることが、学内調査委員会の調べで分かった。大学関係者が13日明らかにした。月内にも公表する方針。この問題をめぐってはこれまでに、京都府立医大、東京慈恵医大の臨床研究でデータ操作があったことが判明。

共同通信