ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

陣痛促進剤、77%が不適切

 出産事故で赤ちゃんが重い脳性まひになった際、医師の過失の有無にかかわらず補償金が支払われる「産科医療補償制度」で、陣痛促進剤を使った出産の77%が過剰投与などの不適切事例だったことが分かった。日本医療機能評価機構が8日までに報告書をまとめた。報告書は、制度が始まった2009年以降に補償対象となった188件を分析。陣痛促進剤が使われていたのは56件で、うち43件で過剰投与などが確認された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。