ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

除染作業で請負業者が不法投棄か

 福島第1原発事故を受けて国が直轄で進める福島県内の除染をめぐり、請負業者の一部が汚染土壌や草木を川に捨てたり、放射性物質を含む汚染水を回収せずに流したりしている可能性があるとして、環境省は4日、実態調査に乗り出すことを明らかにした。福島県楢葉町、飯舘村、田村市での除染作業で不法に投棄された疑いがある。4日中にも元請けゼネコンの現場責任者を同省の出先機関「福島環境再生事務所」に呼ぶ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。