外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 一川保夫防衛相は17日午前の参院予算委員会で、東京電力福島第1原発事故に伴う放射性物質の除染作業に関し「協力できるところがあれば、しっかりと自衛隊としての任務を果たしたい」と述べ、陸上自衛隊を派遣する意向を表明した。政府は、来年1月から本格的に実施する原発周辺区域の除染に隊員300人規模を派遣する方向で調整している。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信