ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

陳氏、中国当局の報復批判

 【北京共同】中国当局による自宅軟禁から逃れ、昨年5月に渡米した盲目の人権活動家、陳光誠氏(41)が16日までに、渡米1年を前に共同通信のインタビューに応じ、家族が暴行や嫌がらせを受けていることについて「私の人権活動に対する中国当局の報復措置。こうした手段で私をコントロールしようとしても不可能だ」と中国政府を厳しく批判した。インタビューは、陳氏の欧州歴訪中、インターネット電話を通じ実施した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。